ホーム > ニュース > いろんな方法を巡らせる

いろんな方法を巡らせる

民事再生による解決は住宅ローンを含めた多重債務に困っている方を念頭において住宅を維持しつつ経済面で立ち直っていくための法による債務圧縮の手順として2000年11月に適用されるようになった選択肢です。

この制度には、自己破産と違って免責不許可となる要件はないために、賭け事などで債務が増えたようなときでも民事再生手続きは問題ないですし破産手続きをすることで業務ができなくなる可能性のある資格で生計を立てている場合等でも手続きは可能です。

 

自己破産制度では、住宅を残しておくことは考えられませんしその他の債務処理では圧縮した元金を完済していくことが求められますのでマンション等のローンも支払いながら払っていくのは実際には困難だと考えられます。

 

ただ、民事再生を取れれば住宅のローンを除く負債額は多くの場合において削減することができますので、ある程度余裕に住宅ローンなどを支払いつつ借金を支払っていくこともできるということです。

 

ただ、民事再生による整理は任意整理または特定調停とは異なってある部分だけの借り入れを除いて手続きを行うことは不可能ですし自己破産においてのように借り入れ金それそのもの消えてしまうのでもありません。

 

それから、それ以外の選択肢と比べても処理が複雑で期間もかかりますので住宅のローンが残っていてマイホームを維持していきたい場合等以外において破産申請のようなそれ以外の解決策がない際における最後に考える解決策として考えていた方がいいでしょう。

 


関連記事

転職相談もできる薬剤師求人サイトに登録しよう
薬剤師求人サイトは基本的にどちらに登録しても、転職相談をすることができます。しか...
いろんな方法を巡らせる
民事再生による解決は住宅ローンを含めた多重債務に困っている方を念頭において住宅を...
保証人だけは
破産手続きをする人で抱えている債務に対し保証人を立てているときにはきちんと連絡を...
メットライフアリコの新終身医療保険
掛け金 月額3937円  保 障 病気入院一日一万円  がん以外の特定疾病で入院...